So-net無料ブログ作成
検索選択

幽霊の正体、見破ったり!! [雑感]

幽霊なんて本当にいるのでしょうか?

子供の頃は本気で信じてました。
それはもう心の底から信じてましたよ。
幽霊番組でお馴染みの幽霊否定派の学者さんとか出てくると、
「これだけ証拠になる映像があって写真があるのに何故この人達は信じることが出来ないのだろう」
と、不思議で仕方がありませんでした。
大人になってからは、半分信じて半分忘れてるといった具合でした。
20も後半になってくると、段々そういったものを信じる事はなくなりました。
と言うよりも意識しなくなったというほうが正しいでしょうか。

それで、ある日突然閃いてしまったんです。

幽霊の正体が何なのかを!!


幽霊の正体…まずひとつは思い込みや恐怖心からくる幻です。

さらに、影や闇の中にあるかもしれない恐怖からくる見間違いですね。

ありきたりすぎてビックリしましたか?

しかし、これこそ真理だったのです。

その場における恐怖心は、つまりその場の危機感を伝えています。
何も怖がらない人も心の深層では何らかの恐怖心、危機感を抱いていると思われます。
 ― 一刻もはやくその場から立ち去らなければならない。
 ― しかしその場から立ち去れない事情がある。
そんな時に脳は恐怖の幻覚という後押しを与えます。
もしくは、見間違えを悪い方向に認識させます。
自分の逃げるという行動に正当性を与えます。
実際に私も、夜中に「え!?なにあれ!?」ってなることありましたけど、落ち着いてよく見ると何かの影だったりするんですよね。
あと子供とか好奇心強いからある程度そういうところで危険から身を守ってたりするんじゃないでしょうか。
そう、恐怖体験は実は自己防衛本能だったのです。 ジャジャジャン♪

しかしそれでは、実際に見たという人がなんかチキンみたいで可哀想なのでもう一つの正体を。

もう一つの正体…それは、電磁波です。

地球上には磁場の乱れる場所が数多くあります。
原因は地球の活動によるものだったり、宇宙線だったり、人工の物だったりしますが、そういった周りとは違うスポットというのは多くあります。
そういうのを敏感に感じ取れる人ってのがきっといるんでしょうね。
そういう人は、何か磁場の変化を感じた場合、そこに何もないということに対する整合性を持たせるために、自分の中に霊だとか霊感だといったものを作ります。
そういう人は、霊が見えると言ったり感じると言ったりしながら、あまり怖がりませんよね。
それは、そのヒトがその場に危機感を感じているわけではないからです。
それはただ違和感を感じているだけに過ぎません。

いかがですか?

これで、心霊現象のほとんどが説明できると思います。

心霊写真ですか?心霊動画ですか?

殆ど捏造かコントラストによってそう見えるだけですね。

ポルターガイストですか?

えー…分かりません…

※ここに書かれていることはすべて私の妄想です。



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 2

lamer

「イメージ・2」にご訪問いただき有難うございます。
幽霊って不思議ですね。
見間違い説が当たりだと思います。
幽霊の正体見たか枯れ尾花
って言いますから。
これからもよろしくお願いいたします。
by lamer (2013-02-18 09:27) 

風来鶏

私も、時々“この世のものでない方”の存在を感じることがあります^^
はっきりとではないですが、何かそこに“見えた”というか“何かが居た”ように感じることがあるのですよ^^;)
私の母方の(実の)曽祖父がお坊さん(曽祖母と不倫の関係になって生れたのが祖父:母の父親です)なので、そう言った力が携わっているのかも知れません!?
でも、心霊写真の99.9%はトリックですし、軽い酸欠や硫化水素の影響によって“幻影を見る”ことも解っています。
おっしゃる通り、幽霊を見るのは“自己防衛本能”が働くからだと思いますよ!!
by 風来鶏 (2013-06-09 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。